【岐阜県の動物園】子どもやカップルでも楽しめる!岐阜のちょっと変わった動物園

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
ポジティブになれる

岐阜県で動物と触れ合える特別な場所をご紹介!

子どもやカップルに大人気のスポット満載です。

こんな人へおすすめ!
  • 子どもと一緒に楽しめるスポットを探しているあなたへ
  • 動物好きで癒されたいあなたへ
  • デートにぴったりの場所を見つけたいあなたへ
PR

岐阜県の金華山山頂に位置する「ぎふ金華山リス村」は、かわいいリスたちとの触れ合いを楽しむことができる特別な場所です。

昭和40年(1965年)に開村した日本初のリス村で、金華山の野生のリスを長い年月をかけて調教し、自然な形で触れ合えるようにしました。

このリス村では、リスが手や肩に乗ってくる体験ができます。

リスが間近に来る瞬間は、とても愛らしく、子どもたちから大人まで笑顔が絶えません。

リスの小さな手が肩に乗る感触や、リスがエサを食べる姿を見ることで、日常のストレスが一気に和らぐでしょう。

また、リス村は「忍び返し」と呼ばれる柵で囲まれており、リスたちは広い敷地内で自由にのびのびと暮らしています。

この柵は、リスが逃げ出さないように工夫されていて、カーブ状の鉄板が金網の上についているため、リスが登っても外に出られません。

安全にリスたちと触れ合える環境が整っています。

エサやり体験は4歳から楽しむことができ、皮手袋の上に飼育員さんがエサを乗せると、リスたちが寄ってきます。

リスがエサを食べる姿はとてもかわいらしく、間近で見ることができるので、子どもたちにとっても素晴らしい経験になるでしょう。

山頂には展望レストランもあり、長良川を眺めながらお食事を楽しむことができます。

ここでの食事は、自然の美しさを堪能しながら、心地よいひとときを過ごすことができます。

また、ロープウェイ山ろく駅内には授乳室やオムツ交換台、売店もあり、子ども連れの方にも安心です。

ぎふ金華山リス村は、タイワンリスの歴史とも深く関わっています。

昭和11年(1936年)に岐阜公園で開催された「躍進日本大博覧会」の際、当時珍しいタイワンリスが見せ物として持ち込まれ、その一部が金華山に逃げ込み野生化したと言われています。

これらのリスたちが、リス村の歴史の一部を作り上げました。

リス村のマスコットキャラクター「リロちゃん」は、元気いっぱいの女の子のリスです。

ドングリとチョコレートが大好物で、日向ぼっこやお散歩を楽しんでいる姿が見られます。

リロちゃんと触れ合うことで、さらにリス村を身近に感じることができるでしょう。

金華山のリス村は、自然と触れ合い、動物との絆を深めることができる場所です。

ぜひ、家族やカップルで訪れてみてください。

リスたちとの触れ合いを通じて、心温まるひとときを過ごせることでしょう。

PR

岐阜県高山市に位置する「奥飛騨クマ牧場」は、ツキノワグマやヒグマなど約100頭余りのクマたちと触れ合える特別な場所です。

ここでは、クマたちとの距離が近く、まるで野生のクマたちと共に生活しているような感覚を味わうことができます。

まず、クマたちの魅力はその愛嬌たっぷりのしぐさです。

エサをおねだりする時のかわいらしいポーズや、手をパンパンと叩いてエサを求める様子は、訪れる人々の心を掴みます。

エサをあげる体験では、クマたちが上手にキャッチする姿を見られることもあり、その瞬間は思わず笑顔になります。

奥飛騨クマ牧場では、毎日「こぐまロッジ」で小熊とのフリー撮影会が開催されています。

生後間もない小熊を抱っこして記念撮影ができるこの体験は、子どもから大人まで大人気です。

小熊の柔らかい毛並みと温かい体温を感じながら撮る写真は、まさに一生の思い出となるでしょう。

また、クマたちとの触れ合いだけでなく、物産館ではクマ牧場特製の「熊力ドリンク」や「熊の油」をはじめ、かわいいクマのグッズやお菓子などが販売されています。

ここでしか手に入らないお土産を購入するのも楽しみのひとつです。

クマ牧場は全天候型施設なので、雨の日や雪の日でも安心して訪れることができます。

特に冬場、外の寒さを気にせずにクマたちとの時間を楽しめるのは大きなメリットです。

野生のクマとは違い、冬眠せずに1年中見学できるため、いつでもクマたちの可愛らしい姿を楽しむことができます。

奥飛騨クマ牧場の歴史は深く、訪れるたびに新たな発見があります。

クマたちとの触れ合いを通じて、彼らの生態や習性についても学ぶことができ、動物への理解が深まります。

特に子どもたちにとっては、教科書では学べない貴重な体験となるでしょう。

さらに、牧場内に展示されているクマの剥製は、クマたちの迫力と美しさを間近で感じられるものです。

クマという動物への敬意と理解を深めることができ、自然界でのクマたちの役割についても学ぶことができます。

ぜひ、家族やカップルで奥飛騨クマ牧場を訪れてみてください。

クマたちとの触れ合いを通じて、心温まるひとときを過ごし、素晴らしい思い出を作ることができるでしょう。

クマたちとの交流は、日常の忙しさを忘れさせてくれる癒しの時間です。

PR

岐阜県には、ぎふ金華山リス村と奥飛騨クマ牧場という、動物と触れ合える特別な観光スポットがあります。

これらの場所では、日常では味わえない貴重な体験をすることができ、家族やカップルにとって素晴らしい思い出作りの場となるでしょう。

ぎふ金華山リス村では、愛らしいリスたちと間近で触れ合うことができます。

リスが肩や手に乗る瞬間の感触や、エサを食べる姿を見ることで、心が癒されます。

展望レストランからの美しい景色も楽しみながら、リスたちとのひとときを過ごすことができます。

一方、奥飛騨クマ牧場では、約100頭ものクマたちと触れ合うことができます。

クマたちの愛嬌たっぷりのしぐさや、エサをねだる姿は、訪れる人々を笑顔にさせてくれます。

特に、こぐまロッジでの小熊とのフリー撮影は、一生の思い出となる貴重な体験です。

どちらのスポットも、動物たちとの触れ合いを通じて、心温まるひとときを過ごすことができます。

また、リス村やクマ牧場での体験は、動物たちの生態や習性について学ぶ機会にもなり、子どもたちにとっては貴重な教育の場となります。

岐阜県での観光を計画しているあなたには、ぜひこの2つの動物園を訪れてみてください。

動物たちとの触れ合いを通じて、自然の素晴らしさを感じ、心豊かになる時間を過ごすことができるでしょう。

リスやクマたちのかわいらしい姿に癒され、心に残る思い出を作りましょう。

タイトルとURLをコピーしました