【神奈川県の動物園】人気の動物園はどこ?神奈川のおすすめ動物園!

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
ポジティブになれる

神奈川県のおすすめ動物園をご紹介します。

動物たちとのふれあいを楽しんでください!

見出し
  • 家族で楽しめる場所を探しているあなたへ
  • 動物とふれあいたいと考えているあなたへ
  • 神奈川県内の観光スポットを知りたいあなたへ
PR

横浜市立金沢動物園は、広大な自然公園の中に位置し、世界でも希少な草食動物を保護・展示しています。

1982年に開園し、2022年に40周年を迎えました。

この動物園は、約50種類・1,000点以上の動物を飼育しており、特に草食動物が中心です。

まず、金沢動物園の最大の特徴は、動物たちが本来の自然に近い環境で生活していることです。

インドゾウやコアラ、オオツノヒツジなどの希少な動物たちが、広々とした草原や林で過ごしている様子を間近で観察できます。

檻がなく、堀で仕切られているため、動物たちの自由な動きをしっかりと見られるのも魅力の一つです。

また、金沢動物園では、身近な生き物の保全にも力を入れています。

他県では絶滅してしまった種も多く生息しており、繁殖を続けています。

あなたは自然のサイクルを間近で感じることができるでしょう。

動物園内は、アメリカ区・ユーラシア区・オセアニア区・アフリカ区の4つのエリアに分かれており、それぞれの地域に生息する動物たちを見ることができます。

例えば、オセアニア区ではコアラやカンガルーが、アフリカ区ではキリンやシマウマが生き生きと過ごしています。

さらに、動物園外には自然公園が広がっており、アスレチックやカフェ、バーベキュー場など、家族や友人と一緒に楽しめるスポットがたくさんあります。

当日は何度でも再入場可能なので、動物園内外を行き来して1日中楽しむことができます。

四季折々の花々も見どころです。

春の桜、初夏のアジサイ、夏のヤマユリ、秋のコスモスなど、季節ごとに異なる風景を楽しむことができます。

特にヤマユリは横浜の市花で、種から育てると花が咲くまでに5年かかると言われています。

金沢動物園では、ヤマユリの数が年々増え続けており、その美しい姿を楽しめます。

動物園入口から動物エリアまでの「なかよしトンネル」も見逃せません。

トンネル内では、さまざまな動物の人形が音楽に合わせて踊る様子を見ることができ、子どもたちのテンションが一気に上がります。

また、トンネルを抜けると広がる「わくわく広場」では、芝生でピクニックを楽しんだり、ちょっとした休憩を取ることができます。

動物エリアに入る前には、トンネル右手にある小さな池で、春に産卵するヤマアカガエルのオタマジャクシを観察するのもおすすめです。

横浜市立金沢動物園は、自然と動物が調和した空間で、訪れるたびに新たな発見があります。

ぜひ訪れてみて、その魅力を体感してください。

PR

野毛山動物園は、横浜市の中心部に位置し、みなとみらい21地区を眼下に見下ろす高台にあります。

1951年に開園し、現在は無料で楽しめる憩いの場として親しまれています。

園内にはライオン、キリン、ツキノワグマなど、お馴染みの動物たちが飼育されています。

野毛山動物園の魅力の一つは、動物とのふれあい体験が豊富なことです。

エサやり見学やかわいい動物とのふれあい体験が無料で楽しめるので、小さなお子さん連れでも気軽に訪れることができます。

特に、初めて動物に触れる子どもたちにとっては、忘れられない思い出になるでしょう。

この動物園は、長い歴史の中で多くの市民に愛され続けてきました。

開園当初は遊園地と併設され、サルの電車やインドゾウの芸などが人気でしたが、現在は環境教育や希少動物の保全調査・研究に力を入れています。

野毛山動物園のコンセプトは、「誰もが気軽に訪れ、楽しめる動物園であり、小さな子どもがはじめて動物に出会い、ふれあい、命を感じる場所」です。

園内には、動物をかたどったトピアリーや季節に応じた装飾が施された花壇があり、一年を通してさまざまな風景を楽しむことができます。

入園口を入ってすぐのところにあるこのエリアは、記念撮影スポットとしても人気です。

春には桜、夏にはアジサイ、秋にはコスモス、冬にはイルミネーションなど、季節ごとの美しい景色を楽しむことができます。

さらに、野毛山動物園の高台からは、横浜の美しい景色を一望することができます。

みなとみらい21地区の高層ビル群や、遠くには東京湾が広がり、天気の良い日には富士山も見えることがあります。

この絶景を眺めながらの散策は、心を癒すひとときとなるでしょう。

野毛山動物園では、希少動物の保全活動にも力を入れており、ツキノワグマやライオンなどの保護プログラムに参加しています。

これらの活動を通じて、動物たちの生態や保護の重要性について学ぶことができます。

また、動物園内で開催されるイベントや講座を通じて、動物についての知識を深めることもできます。

無料で楽しめる野毛山動物園は、家族でのお出かけに最適なスポットです。

動物たちとのふれあいや、美しい景色を楽しみながら、心豊かな時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

訪れるたびに新たな発見があり、何度でも足を運びたくなる場所です。

PR

よこはま動物園ズーラシアは、「生命の共生・自然との調和」をテーマに掲げ、世界各地の動物を展示しています。

1999年に開園し、その広大な敷地と多様な展示方法で、訪れる人々にまるで世界を旅しているかのような体験を提供しています。

ズーラシアの最大の魅力は、その展示方法にあります。

動物たちの生息地を再現したエリアがあり、地域ごとの気候や環境に合わせた展示が行われています。

アマゾンの熱帯雨林、アフリカのサバンナ、ユーラシアの森林など、8つのゾーンに分かれており、それぞれの地域に生息する動物たちを見ることができます。

特に注目すべきは、オカピやテングザルなど、世界でも希少な動物たちが展示されていることです。

オカピは、キリンの仲間でありながら、シマウマのような模様を持つ不思議な動物です。

また、テングザルは長い鼻が特徴で、ユニークな姿をしています。

これらの希少動物を間近で観察することができるのは、ズーラシアならではの体験です。

さらに、ズーラシアでは動物たちの生活環境を大切にし、自然に近い形での展示を心掛けています。

例えば、アフリカのサバンナゾーンでは、ライオンが広々とした草原で過ごしており、彼らの自然な行動を観察することができます。

また、熱帯雨林ゾーンでは、樹上を自在に移動するサルたちの姿を楽しむことができます。

ズーラシアのもう一つの魅力は、動物だけでなく、その地域の文化にも触れることができる点です。

園内には、アボリジニの墓標や、地域の生活用具、石像などが点在しており、その地域の人々の暮らしや文化を学ぶことができます。

動物たちの生態だけでなく、人間の文化についても理解を深めることができるのです。

家族連れでの訪問もおすすめです。

ズーラシアには、子どもたちが楽しめるエリアやアスレチックも充実しており、一日中遊ぶことができます。

また、園内にはカフェやレストランもあり、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

広々とした園内を散策しながら、美しい景色と動物たちの姿を楽しむことができるでしょう。

よこはま動物園ズーラシアは、自然と動物、そして文化が融合した素晴らしい場所です。

訪れるたびに新たな発見があり、大人から子どもまで楽しむことができます。

ぜひ一度足を運び、その魅力を体感してみてください。

あなたの心に残る素晴らしい体験が待っています。

PR

夢見ヶ崎動物公園は、神奈川県川崎市に位置し、小高い丘の上に広がる自然豊かな動物公園です。

1972年に開園し、入園料無料で楽しめるため、地元の人々に親しまれています。

この公園は、小さな子どもから大人まで楽しめるさまざまな動物たちとのふれあいが特徴です。

まず、夢見ヶ崎動物公園の魅力は、間近で動物たちを観察できることです。

レッサーパンダやペンギンなどのかわいらしい動物たちが展示されており、特にレッサーパンダの愛らしい姿は必見です。

また、ペンギンが水中を泳ぐ様子や、陸上でのんびりと過ごす姿も楽しめます。

これらの動物たちを間近で見ることで、動物たちの生態をより深く理解することができます。

夢見ヶ崎動物公園は、小さな子ども連れでも安心して訪れることができる設計になっています。

園内は平坦な道が多く、ベビーカーや車椅子でも移動しやすい作りです。

また、コンパクトな動物園なので、端から端まで歩いても5分程度で回れます。

子どもが疲れにくく、親子でゆったりと動物たちを楽しむことができます。

さらに、夢見ヶ崎動物公園の特徴として、園内には絶景スポットが点在しています。

丘の上に位置するため、展望デッキからは富士山を望むことができ、その美しい景色に心が癒されます。

夢見ヶ崎動物公園では、動物たちとのふれあい体験も充実しています。

ウサギやモルモットなどの小動物と触れ合うことができるエリアがあり、動物たちのぬくもりを感じることができます。

また、ふれあいイベントも定期的に開催されており、動物たちとの距離が近く感じられるのも魅力の一つです。

子どもたちは動物たちとのふれあいを通じて、命の大切さを学ぶことができます。

公園の名前の由来は、室町時代の武将「太田道灌(おおたどうかん)」がこの場所で見た不吉な夢から来ています。

このエピソードは、公園の歴史と共に、地域の重要な拠点であったことを物語っています。

園内の歴史的な背景を感じながら散策するのも、夢見ヶ崎動物公園の楽しみ方の一つです。

夢見ヶ崎動物公園は、動物たちとのふれあいと自然の美しさを同時に楽しめる場所です。

家族での休日や、ちょっとしたお散歩にぴったりのスポットです。

ぜひ一度訪れて、その魅力を体感してみてください。

あなたの心に残る素晴らしい思い出がきっとできるはずです。

PR

万騎が原ちびっこ動物園は、横浜市旭区にある「こども自然公園」内に位置し、1979年に開園しました。

この動物園は、小さな子どもたちが動物と直接ふれあうことができる場として、多くの家族連れに愛されています。

こじんまりとしたスペースながらも、充実したふれあい体験が楽しめます。

万騎が原ちびっこ動物園の魅力は、なんといっても「ふれあい広場」です。

ここでは、モルモットやハツカネズミなどの小動物と触れ合うことができます。

動物たちのぬくもりを感じながら、その可愛らしい姿に癒されること間違いありません。

特にモルモットは、小さな子どもでも簡単に抱っこできるので、初めての動物とのふれあい体験に最適です。

さらに、園内には天然記念物であるニワトリや、クジャクバトも飼育されています。

これらの貴重な動物たちを見ることで、動物に対する興味や関心がさらに深まるでしょう。

ニワトリの鳴き声や、クジャクバトの美しい羽を観察することで、普段の生活では得られない貴重な体験ができます。

万騎が原ちびっこ動物園では、ふれあいイベントも定期的に開催されています。

事前予約が必要ですが、これに参加することで、さらに深く動物たちと触れ合うことができます。

飼育員さんから動物たちの特徴や生態について直接教えてもらえるので、子どもたちの好奇心を満たし、学びの場としても最適です。

動物園の周囲には「こども自然公園」が広がっており、自然豊かな環境の中で一日中楽しむことができます。

公園内には広々とした芝生広場や、アスレチック、遊具などがあり、子どもたちが思いっきり遊ぶことができます。

動物園で動物たちと触れ合った後は、公園でピクニックを楽しんだり、アクティブに遊んだりすることで、心身ともにリフレッシュすることができるでしょう。

万騎が原ちびっこ動物園は、動物たちとのふれあいを通じて、命の大切さを学ぶことができる貴重な場です。

家族での休日のお出かけや、子どもたちの学びの場として、ぜひ訪れてみてください。

あなたの心に残る素晴らしい体験が待っています。

PR

相模原麻溝公園ふれあい動物広場は、神奈川県相模原市にある相模原麻溝公園内に位置するミニ動物園です。

入園無料で利用でき、さまざまな動物たちとのふれあいを楽しむことができる人気スポットです。

この動物広場は、子どもから大人まで、動物と直接触れ合い、命の大切さを感じることができる場として、多くの人々に愛されています。

まず、相模原麻溝公園ふれあい動物広場の最大の特徴は、そのふれあいコーナーです。

ここでは、ウサギやモルモット、ヤギ、ヒツジなど、かわいい動物たちと直接触れ合うことができます。

ウサギやモルモットをひざの上に乗せてなでたり、ヤギやヒツジにエサをあげたりすることで、動物たちのぬくもりを感じることができます。

特に小さな子どもたちは、動物たちとの触れ合いを通じて命の大切さを学ぶことができます。

また、ポニー乗馬も大人気のアクティビティです。

小型の馬、ポニーに乗ってコースを一周することができ、2歳から小学6年生までが利用可能です。

週末や祝日には行列ができるほどの人気で、子どもたちにとって忘れられない体験となるでしょう。

定期的に親子乗馬や大人乗馬も行われているので、家族みんなで楽しむことができます。

展示コーナーでは、リスザルやミーアキャット、ウシやシカなど、さまざまな動物たちを観察することができます。

特にリスザルの活発な動きや、ミーアキャットのかわいらしい仕草は、多くの訪問者を魅了します。

また、ウォークインバードケージでは、フェンス越しではなく、直接ケージ内に入って鳥たちを観察することができるため、まるで鳥たちの世界に入り込んだような体験ができます。

相模原麻溝公園自体も広大で、動物広場だけでなく、大花壇やアスレチック、芝生広場など、自然を満喫できるエリアがたくさんあります。

特に、季節ごとに変わる花々が美しい大花壇は、訪れるたびに違った景色を楽しむことができます。

春にはチューリップ、夏にはひまわり、秋にはコスモスなど、色とりどりの花々が公園を彩ります。

相模原麻溝公園ふれあい動物広場は、動物たちとのふれあいを通じて、心温まる体験ができる場所です。

家族での休日のお出かけや、子どもたちの学びの場として最適です。

公園内で思いっきり遊び、動物たちに癒されながら、一日中楽しむことができます。

ぜひ一度訪れて、その魅力を体感してみてください。

あなたの心に残る素晴らしい思い出が待っています。

PR

ふれあいどうぶつランドだっこして!ZOO!は、神奈川県箱根町の芦ノ湖畔に位置する箱根園内にある屋内型のふれあい動物園です。

天候に左右されることなく、いつでも快適に動物たちと触れ合うことができるため、雨の日でも楽しむことができます。

動物好きのあなたにとって、まさに天国のような場所です。

まず、この施設の最大の魅力は、その名の通り「だっこして」動物たちと触れ合えることです。

イヌやネコ、ウサギ、ハリネズミなど、普段なかなか触れ合えない動物たちを直接抱っこしたり撫でたりすることができます。

特に、ふわふわの毛並みを持つウサギや、かわいらしい表情のハリネズミを抱っこする瞬間は、癒しと喜びでいっぱいになります。

また、だっこして!ZOO!ではフクロウやミーアキャットといった珍しい動物たちとも触れ合うことができます。

フクロウの静かな佇まいや、ミーアキャットの愛らしい仕草は、見るだけで心が温まります。

動物たちの生態や特徴を知ることができる説明も行われており、動物について学びながら楽しむことができます。

屋内型施設なので、天候に関係なく一年中楽しむことができるのも大きなメリットです。

特に箱根の冬は寒さが厳しいですが、だっこして!ZOO!では暖かい室内で快適に過ごせます。

また、夏の暑い日でも涼しい環境で動物たちと触れ合うことができるので、家族連れやカップルにとっても安心です。

さらに、箱根園内には「箱根園水族館」も併設されており、水族館とのセットチケットを購入することで、動物園と水族館の両方をお得に楽しむことができます。

動物と魚たちの両方を一度に楽しめる贅沢な体験ができるのは、箱根園ならではの魅力です。

季節ごとにさまざまなイベントも開催されており、訪れるたびに新しい発見があります。

例えば、クリスマスやハロウィンなどの特別な時期には、動物たちが季節に合わせた装飾でお出迎えしてくれます。

いつ訪れても新鮮な気持ちで楽しむことができます。

だっこして!ZOO!は、動物たちとの距離が近く、直接触れ合うことができるため、特に動物好きのあなたにとっては最高の場所です。

動物たちのぬくもりを感じながら、癒しのひとときを過ごしてみてください。

箱根の美しい自然と共に、心に残る素晴らしい思い出ができることでしょう。

ぜひ一度訪れて、その魅力を体感してみてください。

PR

神奈川県には、個性豊かで魅力的な動物園がたくさんあります。

それぞれの動物園が持つ独自の魅力を感じながら、家族や友人と一緒に素晴らしい時間を過ごしてみてください。

動物たちとの触れ合いを通じて、自然の大切さや命の尊さを学ぶことができるでしょう。

次の休日には、ぜひこれらの動物園を訪れて、心に残る素晴らしい体験をしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました