【志村けん】名言多数!不器用でもイケメンでモテる志村流の生き方【本】

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
ポジティブになれる

こんにちは!くまさんです。お元気ですか?

志村けんさんと聞いてなにを思い出しますか?

アイーン?バカ殿?ひとみ婆さん?

今回はそんな志村さん本人を知れる「志村流」を紹介します。

こんな人へおすすめ!
  • 志村けんを知りたい方
  • 毎日をもっと意味あるものにしたい方
  • 人間関係や仕事に新しい視点を持ちたい方
PR

どんなに時代が進もうが、後退しようが、
自分の信じた道を行くっていうのが、いちばんのような気がするね。

PR

あなたは自分の信念を貫いて行動できていますか?

自分の心が示す道を追い求めることは、多くの人にとって大切なことです。

志村けんさんも、自分が信じる道を突き進むことの重要性を強調しています。

どんなに時代が変わろうとも、自分の信じる道を進むことが最も大切だ」という彼の言葉は、多くの人にとって勇気や希望を与えます。

例えば、あなたが子どもの頃、夢中になって追いかけた趣味や、心を躍らせることがあったはずです。

その感覚、心が躍る喜びや、何か新しいことを発見した時のワクワク感を思い出してください。

志村さんの言葉は、そんな純粋な心を忘れずに、自分自身の信じる道を進むことの大切さを教えてくれます。

この考えには、自分の感情に正直に生きることの素晴らしさが込められています。

ふとした瞬間に感じる心地よい風、温かい日差し、友達との楽しい会話。

これらのことは、自分が信じる道を歩む際の、小さなヒントや合図になります。

これらのサインに気づき、自分の心が求める方向に耳を傾けることが、とても大切なのです。

だから、今一度立ち止まって、自分の心が何を求めているのか耳を傾けてみてください。

小さな頃に描いた夢や、ふと心が躍る瞬間に感じる感情。

それらを大切にして、一歩踏み出す勇気を持ってみませんか?

あなたの心が示す方向には、きっと素晴らしい発見が待っています。

自分の道を信じて、前に進んでみましょう。

PR

あなたは時間を大切にしていますか?

スマホをムダにダラダラと見ていませんか?

一生を一日で考える」という考え方は、私たちにとって新鮮な気づきを与えてくれます。

この考え方を通じて、時間の価値を再発見することができるのです。

想像してみてください。

もし一生がたった一日だけだとしたら、あなたはその日をどう過ごしますか?

朝起きた時の清々しい空気を感じ、昼間の明るい太陽の下で友達や家族と笑い合い、夜は今日一日の出来事をじっくりと振り返りながら、静かに眠りにつく。

一日の中にも、朝、昼、夜と変わる時間の流れがあり、それぞれの時間が特別な意味を持っています。

このように、もし一生を一日に例えるなら、毎瞬毎瞬を大切にしたいと思うはずです。

美しい朝日を見るために早起きをし、日中は好きなことに夢中になり、夜には大好きな人たちと心温まる時間を過ごします。

一日の終わりには、心地よい疲れとともに、その日一日を精一杯生きた充実感を味わうことができるでしょう。

この瞬間も、あなたの人生にとって大切な時間です

今、この瞬間を大切にしましょう。

太陽の暖かさを感じたり、鳥のさえずりを聞いたりすることで、今を生きる喜びを感じてください。

そして、今日一日が終わる時、心から「今日も一日、よく生きた」と思えるように、一つ一つの瞬間を大切にしてみませんか?

あなたの時間は無限にあるわけではありません。

だからこそ、一瞬一瞬を大切にし、今を生きることが何よりも大切なのです。

PR

私たちの周りには、いろいろなものがあふれています。

でも、あなたにとって本当に大切なものは何でしょうか?

志村けんさんは、「自分にとって必要なものにお金を使うべきだ」と教えています。

たとえば、友達や家族と過ごす時間、好きなことを学ぶための時間、美しい景色を見たり、美味しいものを味わったりする時間。

これらはお金では買えない、かけがえのない時間です。

志村さんは、こうした「心の豊かさ」を大切にすることを私たちに伝えています。

あなたにとって心が温まる瞬間を思い出してみてください。

大好きな人の笑顔、心を動かされた音楽、感動した映画のワンシーン。

これらは、物質的なものよりも、はるかに私たちの心に深く残ります。

志村さんの言葉を借りるなら、これらが「本物の精神的満足感」を与えてくれるのです。

だから、今一度、自分が何を大切にしているのか考えてみてください。

そして、大切な人との時間を増やしたり、心が動く体験を積極的に求めたりすることで、心からの満足感を感じることができるはずです。

物質的な豊かさも大切ですが、それだけが全てではありません。

心の豊かさを追求することで、真の幸せを見つけ出しましょう。

自分にとって本当に価値のあるものに気づくことは、人生をより豊かにする第一歩です。

物質的なものに振り回されることなく、心の声に耳を傾け、大切なものを見つけてください。

そうすることで、あなたの人生はもっと輝き始めるでしょう。

PR

人を褒めることが、どれほど素晴らしい影響を持つか、知っていますか?

志村けんさんは、「人を褒めることができるのは、自分自身にゆとりがある証拠だ」と言っています。

人を褒めることで、相手だけでなく、自分自身にもポジティブな影響があることを、彼は私たちに教えてくれています。

たとえば、友達が新しいことに挑戦しているのを見たとき、「すごいね!」と一言褒めてみましょう。

その一言が、友達の心を明るく照らし、さらなる励みになります。

そして、その笑顔を見ることで、あなた自身も幸せな気持ちになれるのです。

褒めることは、まるで魔法のように周りを明るくします。

学校や職場で、誰かが頑張っていることに気づいたら、「頑張ってるね!」と声をかけてみてください。

その一言が、相手にとってどれほどの勇気になるか、想像してみてください。

そして、人を褒めることで、あなた自身もより素直で前向きな気持ちになれるでしょう。

人を褒めることは、自分自身の心にもゆとりを生み出します。

忙しい毎日の中で、他人の良いところを見つけて褒める余裕を持つことは、自分自身を豊かにすることにもつながります。

だから、今日から人を褒めることを意識してみましょう。

その小さな行動が、あなた自身と周りの人々の心を温かくする力になります。

褒められた人はもちろん、褒めたあなた自身も幸せな気持ちになる。

この素敵な連鎖を始めてみませんか?

一言の「ありがとう」や「すごいね」が、みんなの心を豊かにする第一歩になるのです。

PR

時に、私たちは道に迷うことがあります。

そんなとき、自分の原点に立ち返る勇気がとても大切です。

志村けんさんは、迷ったときは「勇気を出して、原点に帰る」ことの重要性を語っています。

あなたが子どもの頃に描いた夢や、始めたばかりの頃の情熱。

それらはあなたの原点です。

たとえ今、違う場所に立っていても、その原点を思い出すことで、新たな気持ちで前を向く力が湧いてきます。

原点に帰ることは、自分自身を見つめ直す時間でもあります。

忙しくて忘れがちな、あなたの好きなこと、大切にしていることを思い出してみてください。

そして、その感覚を大切にして、もう一度、心からやりたいことに向かって歩き出してみましょう。

たとえば、好きな音楽を聴いたり、幼い頃に夢中になった絵を描いたり。

そんな小さな行動から始めてみてください。

それは、あなたが本当に求めているものへのヒントになるかもしれません。

そして、それがあなたを新しい道へと導く勇気をくれるでしょう。

原点に立ち返ることは、決して後退することではありません。

それは、自分自身の根っこを見つめ、これからの道をしっかりと選ぶための大切な一歩です。

だから、迷ったときは、思い切って立ち止まり、自分の内側の声に耳を傾けてみてください。

その声が、あなたにとっての真の道を教えてくれるはずです。

原点に帰る勇気を持って、自分らしい生き方を見つけ出しましょう。

その一歩が、あなたの人生をより輝かせることに繋がるでしょう。

PR

志村流」から学べることは、単に成功するための秘訣だけではありません。

日々の生活をより豊かにし、自分自身と周囲の人々との関係を深めるためのヒントが詰まっています。

この本を通じて、あなたの人生に新しい価値観を見つけ、日々を輝かせてみませんか?

勇往邁進!!絶対に下を向かずに、前を向いて前進し続けてください!
タイトルとURLをコピーしました