【愛知県の動物園】無料もあり!愛知の動物園で家族で楽しむべきスポット4選

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
ポジティブになれる

愛知県には家族で楽しめる動物園がたくさん!

無料もあり、お出かけに最適です。

おすすめスポットを4つご紹介します。

こんな人へおすすめ!
  • 家族で楽しいお出かけ先を探しているあなたへ
  • 無料またはリーズナブルな観光スポットを知りたいあなたへ
  • 動物好きで新しい動物園を訪れたいあなたへ
PR

愛知県名古屋市にある東山動植物園は、家族で楽しむのに最適なスポットです。

東山公園内に位置し、アクセスも良く、名古屋駅から地下鉄で約17分で到着します。

この動植物園は、動物園と植物園の二つの顔を持ち、訪れる人々に多彩な楽しみを提供しています。

まず動物園エリアですが、「本園」と「北園」の2つのエリアに分かれています。

「本園」ではキリンやライオン、アジアゾウなど大きな動物を見ることができ、その迫力に子どもたちも大興奮すること間違いなしです。

特に注目すべきは「ゾージアム」と呼ばれるアジアゾウ舎で、ここではゾウの生態を学びながら観察することができます。

「北園」にはイケメンゴリラとして有名なニシゴリラのシャバーニが暮らしています。

シャバーニはその整った顔立ちと筋肉質な体格から、多くのファンを魅了しています。

また、コビトカバやチンパンジーなどのユニークな動物も多く見られ、訪れるたびに新しい発見があるでしょう。

2023年にオープンしたアジアの熱帯雨林エリアや新ジャガー舎も見逃せないスポットです。

植物園エリアでは、約7000種の植物が展示されており、季節ごとに異なる風景を楽しむことができます。

春には桜の回廊で約100品種の桜が咲き誇り、秋には奥池や日本庭園で美しい紅葉が見られます。

四季折々の自然の変化を楽しみながら、家族で散策するのも素敵な体験です。

東山動植物園は、単なる観光地ではなく、学びの場としても優れています。

多くの展示施設で動物や植物の生態や生息地について学べるため、子どもたちの知識欲を満たしてくれます。

また、動物園は「生命をつなぐ~持続可能な地球環境を次世代に~」をテーマに、環境保護や持続可能な社会について考えるきっかけを与えてくれます。

訪れた際には、ぜひシャバーニに会いに行き、その魅力に触れてみてください。

また、植物園の四季折々の風景も楽しんでください。

東山動植物園で過ごす一日は、家族の素晴らしい思い出となるでしょう。

PR

愛知県犬山市に位置する日本モンキーセンターは、世界的にも珍しい霊長類専門の動物園です。

この動物園は、京都大学の霊長類学の教員が中心となって運営しており、霊長類の生息地を再現しながら、彼らの本来の暮らしを観察することができます。

犬山市の緑豊かな丘陵地帯にあり、自然と調和した環境でサルたちがのびのびと生活しています。

日本モンキーセンターには、約60種800頭のサルが飼育されており、その規模は世界でも屈指です。

園内には、サルたちの驚くべき運動能力を間近で観察できる「モンキースクランブル」や、ワオキツネザルが自由に動き回る「WAOランド」など、ユニークな展示エリアが多数あります。

「モンキースクランブル」では、ジェフロイクモザルやフクロテナガザルが高い運動能力を発揮し、見ているだけでそのダイナミックな動きに圧倒されます。

また、「WAOランド」では、ワオキツネザルが訪れる人々の間を自由に行き交い、まるで自然の中にいるような感覚を味わうことができます。

これらの展示エリアでは、サルたちの生活をより身近に感じることができ、観察する楽しさが倍増します。

特に冬の時期には、たき火にあたるヤクシマザルが見られる「モンキーバレイ」が風物詩となっています。

寒さをしのぎながらたき火にあたるサルたちの姿は、微笑ましくもあり、温かみを感じます。

日本モンキーセンターは、単なる動物園ではなく、教育施設としての役割も果たしています。

ビジターセンターでは、多数の剥製(はくせい)や標本が展示されており、霊長類の生態について学ぶことができます。

また、キュレーター(博士学芸員)やエデュケーターが常駐しており、学校や団体向けのレクチャーやシンポジウムが頻繁に開催されています。

訪れる人々は霊長類について深く理解し、学びを得ることができます。

さらに、日本モンキーセンターでは、多くのイベントが開催されており、楽しみながら学ぶことができます。

例えば、サルたちの餌やり体験やガイドツアーなど、家族全員が楽しめるプログラムが豊富です。

訪れることで、サルたちの驚くべき能力や生活様式を間近で観察できるだけでなく、彼らの生態について深く学ぶことができます。

家族での楽しい思い出作りや教育的な体験を求める方にとって、日本モンキーセンターは理想的なスポットです。

PR

愛知県岡崎市にある東公園動物園は、緑豊かな東公園内に位置し、家族連れにとって最高の無料動物園です。

公園内にはあしのべ池、ひょうたん池、はとが池といった美しい池があり、その周囲には多種多様な動物たちが暮らしています。

東公園動物園の最大の魅力は、アジアゾウの「ふじ子」です。

ふじ子はこの動物園のアイドルであり、訪れる人々をその大きな体と優しい目で迎えてくれます。

ふじ子の餌やり体験は特に人気で、コンベアー式の装置に餌を乗せると、ふじ子が鼻を伸ばして餌をたぐり寄せる姿に子どもたちは大興奮します。

この動物園には、アジアゾウのふじ子以外にも、シカやラマなどの大型動物から、ミーアキャットやプレリードッグといった小型動物まで、約20種類の動物が展示されています。

ニホンザルやフラミンゴも人気で、訪れるたびに新たな発見があります。

東公園動物園の魅力の一つは、無料で入場できることです。

これにより、気軽に何度でも訪れることができ、動物たちとの触れ合いを楽しむことができます。

ふれあい広場では、モルモットやフレミッシュジャイアント(大型のウサギ)と触れ合うことができ、動物の温もりを感じながら癒しの時間を過ごせます。

さらに、ラマに餌をあげたり、動物について飼育員が説明するスポットガイドを聞いたりすることもできます。

季節ごとに開催されるイベントも見逃せません。

春と秋には動物絵本の読み聞かせイベントが行われ、子どもたちにとって楽しく学びの多い時間となります。

また、夏にはナイトズーイベントが開催され、夜の動物園を探検する特別な体験ができます。

岡崎市東公園動物園は、単なる観光地ではなく、教育的な側面も持っています。

動物たちの生態について学ぶことができる展示やガイドツアーが充実しており、子どもたちの知識欲を満たしてくれます。

動物たちと触れ合うことで、命の大切さや自然環境への関心を高めることができます。

あなたが家族での楽しいお出かけ先を探しているなら、ぜひ岡崎市東公園動物園を訪れてみてください。

無料でありながら多彩な動物たちとの触れ合いを楽しめるこの場所は、家族の素晴らしい思い出作りにぴったりです。

PR

愛知県岡崎市にあるわんわん動物園は、犬好きにはたまらない夢のようなスポットです。

ここでは世界中の犬たちと触れ合うことができ、約70種類200頭ものわんこたちが待っています。

わんわん動物園は犬のテーマパークとして、家族連れや犬好きの方に大人気です。

わんわん動物園の魅力は、なんといってもさまざまな体験ができることです。

まず、ドッグランやドッグカフェがあります。

広い敷地内でわんこと一緒に遊んだり、食事を楽しんだりすることができるため、犬を飼っている方はもちろん、犬を飼えない方でも犬との触れ合いを存分に楽しむことができます。

ドッグレースやパフォーマンスショーも見逃せません。

わんちゃんたちが見せるアジリティやディスクドッグパフォーマンスは、まるでサーカスを見ているかのような迫力です。

また、わんわん劇場では、わんこたちが劇を演じる姿が見られ、その可愛らしさに癒されます。

わんわん動物園では、犬と触れ合うだけでなく、トリマー体験やお散歩体験など、ユニークなプログラムも豊富です。

トリマー体験では、実際にわんこのシャンプーやカットを体験することができ、飼い主気分を味わえます。

お散歩体験では、好きな犬を選んで園内を一緒に散歩することができるため、犬と過ごす楽しさを実感できます。

特に人気なのが、世界の名犬コーナーです。

ここでは、普段なかなか見られない珍しい犬種を見ることができ、犬についての知識も深まります。

犬の学校では、飼い主と犬が一緒に通うスクールがあり、しつけや訓練の方法を学ぶことができます。

わんわん動物園は、犬との触れ合いを通じて、動物への愛情や思いやりを育む場です。

子どもたちはもちろん、大人も楽しめるこの動物園は、家族全員で訪れるのに最適です。

犬たちの可愛らしい姿に癒され、笑顔あふれるひとときを過ごせるでしょう。

週末のお出かけに、ぜひわんわん動物園を訪れてみてください。

犬たちとの楽しい時間が、あなたの心を温め、素晴らしい思い出となること間違いなしです。

PR

愛知県には、家族で楽しめる動物園が豊富にあります。

各動物園では、動物たちとの触れ合いや学びの機会が多く、素晴らしい思い出を作ることができます。

ぜひ、あなたも愛知の動物園を訪れて、楽しいひとときを過ごしてください。

タイトルとURLをコピーしました