【三重県の動物園】家族連れ必見!三重の動物園ガイド(無料スポットあり)

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
ポジティブになれる

三重の魅力的な動物園を紹介します。

無料スポットもお見逃しなく!

家族で楽しめるスポット満載です。

こんな人へおすすめ!
  • 家族で楽しめるお出かけ先を探しているあなたへ
  • 無料で動物園を楽しみたいあなたへ
  • 三重の観光スポットを知りたいあなたへ
PR

大内山動物園は、三重県度会郡にある個人経営の動物園です。

個人経営でありながら、約40種300頭の動物たちが暮らしており、その規模と多様性に驚かされます。

園内にはベンガルトラやライオン、シマウマなど、迫力満点の大型動物が多数飼育されています。

また、ウサギやモルモット、ポニーなど、子どもたちに人気の小動物もたくさんいます。

この動物園の魅力は何といっても動物たちとの距離の近さです。

園内では動物のエサが販売されており、直接手渡しでエサをやることができます。

トラやライオンにエサをやるスリル満点の体験は、子どもだけでなく大人も夢中になること間違いなしです。

エサ代は100円とリーズナブルなので、気軽に挑戦できます。

大内山動物園は、訪れる人々が自然と一体となれる場所です。

園内は木を基調とした美しい造りで、大内山の豊かな自然に囲まれています。

広々とした敷地内には、サルやアヒル、小鳥などが自由に行き来しており、まるで自然の中を散策しているような感覚になります。

これらの環境が、動物たちの自然な姿を観察することを可能にしています。

また、ほとんどの動物は保護されたものです。

動物園の閉園により行き場を失った動物たちを、現園長の山本清號さんが引き取って保護しています。

そのため、この動物園に訪れることで、動物保護活動に貢献していることを実感できます。

さらに、ペットとして飼育されていたが捨てられた動物や、住宅地に出没して捕獲された野生動物も受け入れており、動物たちの新しい生活の場を提供しています。

大内山動物園のもう一つの魅力は、記念撮影スポットの豊富さです。

動物たちと一緒に写真を撮ることができ、思い出に残る瞬間をたくさん作ることができます。

特に、エサやり体験の際に撮影される笑顔は、家族全員の宝物となるでしょう。

この動物園を訪れることで、あなたは動物たちとのふれあいや、大自然の美しさを堪能できます。

家族連れで賑わう大内山動物園で、素敵な思い出を作りに出かけてみませんか?

その体験は、きっとあなたの心に深く残ることでしょう。

PR

タケガワふれあい動物園は、2019年5月に松阪市にオープンした、建築塗装業『タケガワ塗装』の敷地内にある小さな動物園です。

この動物園は、動物好きの社長・竹川さんが手作りで開園させた私設の動物園であり、地域の人々から親しまれています。

タケガワふれあい動物園では、ヤギやミニチュアホース、ウサギやカメなど10種類以上の動物たちが飼育されています。

特に、子どもたちに人気のある動物たちとのふれあい体験が充実しており、動物たちと直接触れ合うことができるのが魅力です。

また、動物たちの名前が竹川さんによって名付けられており、それぞれの動物に名前が書かれたネームプレートが用意されています。

来園者は動物たちを名前で呼びかけることができ、より親しみを感じることができます。

この動物園のもう一つの魅力は、そのアットホームな雰囲気です。

園内は竹川さんの手作り感溢れる温かみのある空間で、動物たちへの愛情が感じられます。

竹川さんは、本業の塗装業の腕を活かして、保育園や小学校の遊具の塗り替え作業を長年ボランティアで行ってきました。

この経験を活かし、動物園内の施設も丁寧に手入れされており、子どもたちが安心して遊べる環境が整っています。

さらに、タケガワふれあい動物園は入園料が無料です。

そのため、動物たちのエサ代や施設の維持費は、クラウドファンディングや来園者からの寄付で賄われています。

地域の子どもたちにペットに触れ合える場を提供するため、竹川さんの熱意と努力が感じられます。

このような背景を知ることで、訪れる際には一層の感動を味わうことができるでしょう。

あなたは動物たちとのふれあいや、竹川さんの温かい心に触れることができます。

小さな規模ながらも、動物たちとの触れ合いを通じて心温まる体験ができるタケガワふれあい動物園。

ぜひ一度足を運んで、その魅力を実感してみてください。

PR

三重県多気町に位置する「ごかつら池どうぶつパーク」は、2023年4月からのリニューアル工事を経て、2024年6月29日に新たにオープンしました。

この動物園は、「ごかつら池ふるさと村」という複合施設内にあり、食べる・買う・遊ぶ・泊まるがすべてそろった観光スポットです。

新しいごかつら池どうぶつパークのコンセプトは「ワンヘルス~人と動物、生態系の健康はひとつ~」です。

パークの敷地中央にはスロープデッキがあり、デッキを囲むように「めーべーぞーん」としてヤギたちが自由に行き来しています。

ヤギだけでこれだけの広さの飼育スペースを持つ動物園は日本でも珍しいです。

13頭のヤギが活発に動き回る姿を高い場所から眺めることができるのが、ごかつら池どうぶつパークの見どころです。

この動物園では、動物たちの特性に配慮した展示方法が取り入れられており、動物たちが生き生きと過ごす様子を観察できます。

訪れる人々は動物たちの自然な姿に触れ、動物たちの魅力を最大限に感じることができます。

さらに、ごかつら池どうぶつパークはバリアフリー設計が施されており、ベビーカーでも安心して楽しむことができます。

子どもが自由に走り回っても目が届く広さと、空調が整ったきれいな休憩スペースがあるため、小さなお子さん連れの家族にもぴったりです。

手軽な入園料で楽しめる点も魅力です。

新しくなったごかつら池どうぶつパークでは、動物たちの生き生きとした姿を見ることができるだけでなく、地域の様々な課題にも取り組んでいます。

例えば、動物と人との共生を学ぶプログラムや、環境保護の重要性を伝える取り組みが行われています。

これにより、訪れる人々は楽しみながら学び、持続可能な社会の一員としての意識を高めることができます。

ごかつら池どうぶつパークを訪れることで、あなたは動物たちとのふれあいや、自然環境の大切さを学ぶことができます。

ぜひ一度足を運んで、新しいごかつら池どうぶつパークの魅力を実感してください。

PR

三重県の動物園は、それぞれが個性的で魅力的です。

大内山動物園では多種多様な動物と触れ合い、タケガワふれあい動物園では無料でアットホームな体験ができます。

ごかつら池どうぶつパークは、最新の施設で動物たちの自然な姿を楽しむことができます。

次の休日にぜひ訪れて、素晴らしい思い出を作ってください。

タイトルとURLをコピーしました