【千葉県の動物園】千葉で人気の動物園はどこ?おすすめ5選を紹介

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
ポジティブになれる

千葉の動物園はどこが良い?

家族で楽しめる人気スポットを紹介します。

週末のお出かけに最適です!

こんな人へおすすめ!
  • 千葉の動物園を探している家族連れのあなたへ
  • 動物とのふれあいを楽しみたいあなたへ
  • 週末のお出かけスポットに悩んでいるあなたへ
PR

千葉市動物公園は、家族全員で楽しめるレクリエーションスポットです。

この動物園の魅力は、単に動物を見るだけではなく、動物たちとのふれあいを通じて自然や生態を学べるところにあります。

都市基幹公園として整備されたこの動物公園は、昭和45年の市議会において市民の強い要望から設置が決まりました。

広大な敷地には、動物展示施設や広場レストラン、遊園地が完備されています。

動物園内には、動物たちのダイナミックな姿を楽しめる「平原ゾーン」や、珍しい動物の生態を学べる「動物科学館」など、多くの見どころがあります。

特に有名なのは、一世を風靡した立つレッサーパンダの「風太くん」です。

彼の愛らしい姿は、多くの来園者の心を癒しています。

千葉市動物公園は、約34ヘクタールの広大な敷地を持ち、その半分は緑地が占めています。

動物の放飼場は約1.7ヘクタールあり、広々とした環境で動物たちがのびのびと過ごしています。

また、駐車場は約4.6ヘクタールあり、普通車は1,500台が収容可能です。

この動物公園のもう一つの魅力は、その歴史と背景です。

昭和46年度から基礎調査が始まり、昭和56年に本格的な建設がスタートしました。

昭和60年に一次開園し、その後も順次施設が整備され、平成3年には遊園地「ドリームワールド」がオープンしました。

この動物公園は、地元の自然を生かしつつ、動物たちとのふれあいを通じて教育的価値も提供しています。

千葉市動物公園を訪れることで、あなたはただ動物を見るだけでなく、彼らの生態や自然環境について深く理解することができます。

また、家族で訪れることで、共に学び、楽しむ時間を過ごせます。

都会の喧騒を離れ、自然の中で動物たちと触れ合うことで、日常のストレスから解放され、心身ともにリフレッシュできることでしょう。

次の週末、千葉市動物公園を訪れて、動物たちとの貴重な時間を過ごしてみませんか?

風太くんをはじめ、多くの動物たちがあなたを待っています。

PR

市川市動植物園は、1986年に市川市の友好都市・中国四川省楽山からオスの真真(シンシン)とメスの誠誠(セイセイ)が寄贈されたことをきっかけに開園されました。

動物とのふれあいをテーマにしており、来園者は動物たちのありのままの姿を間近で観察できます。

この動植物園は、多数のレッサーパンダやネットで話題となった「流しカワウソ」を飼育していることで有名です。

園内には「奥市川」と呼ばれる市川市大町・谷津の自然を保護する自然観察園、バラ園、鑑賞植物園も併設されており、動物とのふれあいだけでなく、自然の美しさも楽しむことができます。

特におすすめなのが、ふれあいコーナーです。

モルモット(テンジクネズミ)やヤギ、マイクロブタなど、小動物たちと触れ合えるスペースがあります。

これらの動物たちは非常に人懐っこく、子どもたちに大人気です。

小さな手でモルモットをそっと撫でる感覚や、ヤギにエサをあげる瞬間は、忘れられない思い出となるでしょう。

市川市動植物園は、友好都市や姉妹都市から寄贈された特別な動物の展示に力を入れています。

シセンレッサーパンダやスマトラオランウータンなど、貴重な動物たちも飼育されています。

シセンレッサーパンダは、中国四川省から贈られたもので、展示の歴史も長く、広々とした飼育環境が特徴です。

また、園内には「鉄道ひろば」があり、ミニ鉄道が走っています。

家族連れで訪れると、動物園だけでなく、乗り物の楽しさも味わえるため、子どもたちは一日中飽きることがありません。

季節ごとに異なる花々が咲き誇る鑑賞植物園も見逃せません。

春には桜、夏にはバラ、秋には紅葉、冬には梅と、四季折々の美しさを楽しむことができます。

市川市動植物園は、動物たちとのふれあいを通じて、命の大切さや自然の美しさを感じることができる場所です。

あなたもぜひ訪れて、動物たちとの温かい交流を体験し、心に残る思い出を作りましょう。

動物たちの生き生きとした姿を見て、癒やしのひとときを過ごしてみてください。

市川市動植物園へ足を運んで、動物たちとの素敵な時間を過ごしてみませんか?

動物たちがあなたを待っています。

PR

袖ヶ浦ふれあいどうぶつ縁は、袖ヶ浦市にある自然豊かな動物園です。

東京ドーム2個分の広大な敷地に約20種類の動物たちが暮らしており、ここでしか味わえない自然に近い環境でのふれあい体験ができます。

この動物園の特徴は、そのゆったりとした牧場のような雰囲気です。

アルパカ、ヒツジ、カピバラ、エミュー、ダチョウなど、様々な動物たちがのびのびと暮らしており、その姿を間近で観察することができます。

つぶらな瞳のアルパカや、人懐っこいヒツジと触れ合うことで、日常のストレスから解放されることでしょう。

特におすすめは、動物たちにエサをあげる体験です。

野菜がたくさん入ったエサバケツが500円で販売されており、あなたは動物たちに直接エサをあげながら園内を巡ることができます。

動物たちの食べる姿や、嬉しそうにエサをねだる表情を見ていると、心が温かくなります。

また、袖ヶ浦ふれあいどうぶつ縁には無料のドッグランがあり、ペット連れの方にもおすすめです。

ワンちゃんと一緒に広々とした敷地で遊べるので、愛犬との特別な時間を過ごすことができます。

土日祝日は朝8時から開縁しており、一日中たっぷりと遊ぶことができます。

袖ヶ浦ふれあいどうぶつ縁のもう一つの魅力は、その教育的価値です。

動物たちと触れ合う中で、命のぬくもりや大切さを感じることができるため、子どもたちにとっても貴重な学びの場となります。

動物たちの生態や特徴を学びながら、自然の中で過ごす時間は、家族全員にとって心豊かな経験となるでしょう。

袖ヶ浦ふれあいどうぶつ縁を訪れることで、あなたは動物たちとの特別な絆を育むことができます。

自然に近い環境でのびのびと暮らす動物たちと触れ合い、日常の疲れを癒やし、心をリフレッシュさせることができるでしょう。

次の休日、袖ヶ浦ふれあいどうぶつ縁を訪れて、動物たちとの心温まるふれあいを体験してみませんか?

動物たちがあなたを待っています。

PR

市原ぞうの国は、ぞうさんの背中に乗れる体験型動物園として有名です。

約3.5ヘクタールの広大な園内には、国内最多の10頭のぞうをはじめ、カピバラやレッサーパンダ、コツメカワウソなど約70種類400頭羽の動物たちが暮らしています。

動物たちとのふれあいを楽しむことができるリゾート型動物園です。

市原ぞうの国の最大の魅力は、ぞうさんとの触れ合いです。

「ぞうさんライド」では、ぞうさんの背中に乗って広場を一周することができます。

大きなぞうさんの背中に乗ると、まるで大自然を冒険しているような気分になれます。

また、「ぞうさんリフト」では、ぞうさんのお鼻にぶら下がって記念撮影ができるため、思い出に残る一枚を撮影することができます。

園内では、動物たちにおやつをあげることができる「おやつバケツ」が500円で販売されています。

動物たちに直接エサをあげることで、彼らの食べる姿を間近で観察できるだけでなく、彼らとの特別な絆を感じることができます。

動物たちの無邪気な姿や表情を見ていると、自然と笑顔になり、心が温かくなります。

市原ぞうの国では、毎日ぞうさんたちのショーも開催されています。

ぞうさんたちがサッカーをしたり、ダンスをしたりと、さまざまなパフォーマンスを見せてくれます。

愛らしいぞうさんたちの姿に、観客はみんな笑顔になります。

ショーの後には、ぞうさんたちとのふれあいタイムもあり、さらに近くで彼らと触れ合うことができます。

また、園内にはフードコートがあり、本格的なタイ料理やカレー、ポテト、うどんなどのランチメニューが揃っています。

動物たちとの楽しい時間を過ごした後は、美味しい食事を楽しむことができます。

市原ぞうの国は、ただ動物を観るだけではなく、動物たちと直接触れ合うことで、彼らの魅力をより深く感じることができる場所です。

あなたもぜひ訪れて、ぞうさんたちとの素敵な時間を過ごしてみてください。

動物たちと過ごすことで、日常の疲れを癒やし、心身ともにリフレッシュすることができるでしょう。

PR

高宕山自然動物園は、昭和31年に国の天然記念物に指定された「ニホンザル生息地域」である高宕山に位置する、サルだけの動物園です。

自然豊かな環境の中で、ニホンザルの生態を間近で観察できるユニークな場所として、多くの観光客に愛されています。

この動物園の特徴は、餌付けに成功したニホンザルたちが群れを成して暮らしていることです。

フェンス越しにサルたちを観察したり、エサやり体験ができるため、子どもから大人まで楽しむことができます。

春には赤ちゃんザルの姿も見られ、無邪気に遊ぶ姿はとても可愛らしく、心が温まります。

高宕山自然動物園は、年間約12,000人の来園者が訪れる人気のスポットです。

昭和34年に一般向けに開園され、50年以上の歴史を誇ります。

現在のボスザルは6代目の次郎長で、約150頭の群れを統率しています。

次郎長の堂々とした歩き方や、群れ全体を見渡すために移動する姿は、まさにリーダーの風格です。

園内では、若いサルたちが水場で泳いだり、ジャンプして飛び込んだりと、元気いっぱいに遊ぶ姿が見られます。

エサを持っていると、食いしん坊なサルたちが寄ってきて、間近で観察することができます。

特に今年生まれた子ザルたちは、ぬいぐるみのように可愛らしく、お母さんザルにくっついている様子は、親子の絆の深さを感じさせます。

高宕山自然動物園を訪れることで、あなたは自然の中でサルたちの生態を学びながら、心地よい時間を過ごすことができます。

新鮮な空気と美しい景色の中で、サルたちの自由な姿を観察することで、日常の疲れを癒やし、心身ともにリフレッシュすることができるでしょう。

また、周囲の山からは野生のサルも訪れることがあります。

野生のサルには注意が必要ですが、その自然の姿を観察することも楽しみの一つです。

エサを持っていると、油断すると袋ごと取られてしまうことがあるので、手荷物には気を付けてください。

高宕山自然動物園で、サルたちとの素晴らしい時間を過ごし、美しい自然と触れ合いながらリフレッシュしてみませんか?

次の休日、高宕山自然動物園を訪れて、サルたちとの特別な時間を楽しんでください。

サルたちがあなたを待っています。

PR

千葉の動物園は、それぞれに個性的で魅力的なスポットが揃っています。

千葉市動物公園、市川市動植物園、袖ヶ浦ふれあいどうぶつ縁、ANIMAL WONDER REZOURT 市原ぞうの国、高宕山自然動物園。

どの動物園も、動物たちとのふれあいを通じて、自然や生態について学び、リフレッシュすることができる場所です。

家族や友人と一緒に訪れて、動物たちとの心温まるひとときを過ごしましょう。

動物たちの愛らしい姿や無邪気な行動に癒やされ、日常のストレスから解放されることでしょう。

次の休日は、ぜひ千葉の動物園へ足を運び、素敵な思い出を作ってください。

動物たちがあなたを待っています。

タイトルとURLをコピーしました