【長野県の動物園】無料のスポットも!長野で癒やされる動物園

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
ポジティブになれる

長野県の動物園で癒されませんか?

無料スポットも充実!

魅力的な動物たちが待っています。

こんな人へおすすめ!
  • 家族で楽しめる場所を探しているあなたへ
  • 動物と触れ合いたいと思っているあなたへ
  • 長野で癒しの時間を過ごしたいあなたへ
PR

長野市の茶臼山動物園は、日本一のレッサーパンダ飼育数を誇る動物園です。

茶臼山の緑豊かな森の中に位置し、1983年に開園しました。

約15ヘクタールの広大な敷地内には、約823点(2022年2月時点)の動物が暮らしています。

なだらかな丘陵地帯に広がる園内では、動物たちが自然に近い環境で飼育されているため、いつもとは違った角度で観察できるのが魅力です。

茶臼山動物園のアイドルは、何といってもレッサーパンダです。

1985年に中国から親善大使としてやってきたレッサーパンダの子孫たちが、愛くるしい姿で訪れる人々を迎えます。

レッサーパンダが木の上でのんびりしている姿や、木から木へと軽やかに移動する姿は、一度見たら忘れられないほど可愛らしいです。

また、茶臼山動物園には「アフリカ平原」と呼ばれるエリアもあります。

ここでは、キリンやシマウマ、シロオリックスなどが一緒に暮らしており、それぞれの個性を間近で楽しむことができます。

キリンの長い首や、シマウマの美しい縞模様、シロオリックスの優雅な動きに、あなたもきっと魅了されることでしょう。

茶臼山動物園では、様々なふれあいイベントも随時開催しています。

ポニー乗馬や、小動物との触れ合いコーナーでは、動物たちに直接触れることができ、特に子供たちに大人気です。

また、日本に生息するフクロウの中で2番目に小さいオオコノハズクに近づけるイベントもあり、まるで自然の中にいるかのような体験ができます。

さらに、「動物園裏側探検隊」などの興味深いイベントもあり、動物園の運営や飼育方法について学ぶことができます。

茶臼山動物園は、家族で一日中楽しめるのはもちろん、カップルでも十分に楽しむことができます。

動物たちと触れ合いながら、日々の疲れを癒やす場所として最適です。

あなたもぜひ、茶臼山動物園で素敵なひとときを過ごしてみませんか?

PR

長野市の中心部に位置する城山動物園は、善光寺に隣接する城山公園内にあります。

この動物園は、アシカ、サル、ペンギンなどの可愛い動物たちに出会えることで有名です。

特に春には、周囲が桜の名所としても賑わい、美しい桜の景色と動物たちの姿を同時に楽しむことができます。

城山動物園の魅力の一つは、入園料が無料であることです。

家族連れやカップルはもちろん、一人でも気軽に訪れることができます。

無料でありながら、動物の種類も豊富で、12種類の哺乳類、3種類の爬虫類、22種類の鳥類が飼育されています。

例えば、ニホンザルやペンギン、カリフォルニアアシカなどが代表的な動物です。

動物園内には、家族で楽しめるエリアが充実しています。

特に、小さなお子様に人気の「ふれあい広場」では、モルモットやミニチュアホースなどの小動物と直接触れ合うことができます。

動物たちに触れることで、子供たちは動物への愛情を深めるとともに、命の大切さを学ぶことができます。

また、城山公園では定期的にさまざまなイベントが開催されています。

例えば、シカやトナカイの角を使ったアクセサリー製作のワークショップや、世界のカブトムシが集まるカブトムシ展など、季節を問わず楽しめるイベントが盛りだくさんです。

動物園だけでなく、公園全体で一日中楽しむことができるのが魅力です。

城山動物園は、善光寺や長野県立美術館とも近く、観光のついでに立ち寄ることができます。

美しい景色と動物たちとの触れ合いを同時に楽しめる城山動物園は、観光の合間にリフレッシュするのに最適な場所です。

特に春の桜の季節には、動物たちと桜の共演が見られる素晴らしい時間を過ごせます。

城山動物園は、無料でありながら充実した内容で、動物好きのあなたにとって見逃せないスポットです。

あなたもぜひ、城山動物園で心癒されるひとときを体験してみてください。

PR

須坂市動物園は、1962年に開園し、地元の憩いの場として親しまれている動物園です。

須坂市の臥竜公園内に位置し、桜の名所100選にも選ばれた美しい景色の中で動物たちと触れ合うことができます。

総敷地面積29.8ヘクタールと規模は小さいですが、哺乳類、爬虫類、鳥類など約50種類230点の動物が展示されています。

須坂市動物園の特徴は、展示されている動物たちの多様さです。

特に人気なのは、フンボルトペンギンやカピバラ、そして現在のスターであるベンガルトラ兄妹の臥桜(がお)と未桜(みお)です。

これらの動物たちは、動物園内のどこでも愛くるしい姿を見せてくれます。

また、須坂市動物園は、他の動物園にはない独自のイベントが盛りだくさんです。

例えば、「動物ガイドツアー」では、飼育員から動物の生態や特徴について詳しく聞くことができ、子供から大人まで楽しめます。

さらに、うさぎやモルモットと触れ合えるコーナーもあり、小さな子供たちに大人気です。

動物たちに触れることで、命の尊さを学ぶ貴重な機会となるでしょう。

特に注目すべきは、須坂市動物園が行っている「夜の動物園」イベントです。

夜の動物たちの様子を観察できるこのイベントは、普段は見られない動物たちの行動を間近で見ることができ、非常に貴重な体験です。

「身近な生き物展」や「各種動物ガイド」など、季節ごとにさまざまなイベントが開催され、いつ訪れても新しい発見があります。

須坂市動物園は、地元の人々に愛され続けている理由の一つに、その温かみのある運営があります。

園内の案内板は手作りされており、スタッフの努力と愛情が感じられます。

動物園を訪れると、スタッフと動物たちの絆を感じることができ、訪れるたびに心温まる体験ができるでしょう。

さらに、動物園内にはD51蒸気機関車の運転席に座って見学できるエリアや、パンダや新幹線のゴーカートに乗って遊べるエリアもあり、家族連れで一日中楽しめます。

須坂市動物園は、動物との触れ合いを通じて癒しと学びを提供してくれる素晴らしい場所です。

あなたもぜひ、須坂市動物園で動物たちと触れ合い、日常の疲れを癒してください。

豊かな自然と温かいスタッフに囲まれて、心地よい時間を過ごすことができるでしょう。

PR

長野県飯田市に位置する飯田市立動物園は、小さな動物園ですが、その魅力は計り知れません。

りんご並木の端にあるこの動物園は、1947年に起きた「飯田の大火」後の復興計画の一環として設立されました。

現在は、小動物を中心に約60種の動物たちが飼育されています。

飯田市立動物園の最大の魅力は、その親しみやすさです。

園内はコンパクトで、特に小さなお子さんを連れた家族にはぴったりの規模です。

動物園には、リスザルやカピバラ、フラミンゴなどが飼育されており、特に2017年に保護された白いタヌキの「リュウ」は、訪れる人々の心を掴んでいます。

珍しい動物たちに出会えるこの動物園は、まさに動物との初めての出会いに最適な場所です。

園内では、来園者が動物たちと触れ合えるイベントが多数開催されています。

特に人気なのは、「動物総選挙」や「動物ガイドツアー」です。

動物総選挙では、あなたの一票で動物の特別園長を決めることができ、動物たちとの関係がより身近に感じられます。

また、動物ガイドツアーでは、飼育員が動物たちの生態や特徴について詳しく解説してくれます。

あなたもぜひ参加して、動物たちについてもっと深く知ってください。

飯田市立動物園の特別な魅力は、その地域密着型の運営にあります。

スタッフ一同が動物たちに対する愛情と誇りを持って働いており、その温かさが訪れるすべての人に伝わります。

飯田市立動物園は、小さいながらも非常に魅力的な動物園です。

あなたもぜひ、飯田市立動物園を訪れてみてください。

動物たちとの触れ合いや、スタッフとの心温まる交流を通じて、素晴らしい一日を過ごすことができるでしょう。

家族連れやカップル、一人でも楽しめるこの動物園で、心癒されるひとときを体験してください。

PR

小諸市動物園は、長野県最古の動物園として1926年に開園しました。

日本さくら名所100選にも選ばれた小諸城址懐古園内にあり、豊かな自然と歴史的な雰囲気の中で動物たちと触れ合える場所です。

園内では約36種の動物が飼育されており、特に週末には多くの家族連れで賑わいます。

この動物園の特徴の一つは、長年にわたり地域の人々に親しまれてきた歴史のある場所であることです。

園内には、作家の村上春樹さんが「優しい目をしている」と記したメスライオンのナナちゃんが暮らしています。

また、飼育員による手作りの動物の説明書きやエサやりタイム、ムササビのお世話タイムなど、動物たちと直接触れ合うことができるイベントも多数開催されています。

2022年には一部施設がリニューアルされ、新たにペンギン舎「崖上のペンギン村」がオープンしました。

ここでは、8羽のフンボルトペンギンが広々とした環境で過ごしており、ガラス越しに水中で泳ぐ姿を間近で見ることができます。

特に子供たちは、このエリアでペンギンの動きを観察することで、自然の素晴らしさを学ぶことができるでしょう。

小諸市動物園は、動物と触れ合う機会が豊富です。

モルモットやパンダマウスと触れ合える「ふれあい広場」では、動物たちと直接触れ合いながらその温かさを感じることができます。

また、「里山エリア」「サルエリア」「バードエリア」など、さまざまなエリアがあり、各エリアごとに異なる動物たちとの出会いを楽しむことができます。

さらに、動物園内には児童遊園地や美術館も併設されており、家族で一日中楽しめる施設が充実しています。

特に春には桜が満開となり、美しい花と動物たちの共演を楽しむことができます。

自然の中でリラックスしながら、動物たちの姿を眺めることで、日々の疲れを癒やすことができるでしょう。

小諸市動物園は、その歴史と自然の美しさ、そして動物たちとの触れ合いを通じて、訪れるすべての人々に温かい思い出を提供してくれます。

あなたもぜひ、小諸市動物園を訪れてみてください。

動物たちとの素晴らしい出会いと、美しい自然の中でのリラックスしたひとときを体験することができるでしょう。

PR

小鳥と小動物の森は、長野県松本市のアルプス公園の一角に位置する動物園です。

1978年に市制施行70周年を記念して開園したこの動物園は、澄みきった空気と豊かな緑の中で、約30種類の小動物たちがのびのびと暮らしています。

特に、ニホンザルやニホンジカ、タヌキ、ヤギ、ブタ、クジャク、インコなどが飼育されており、自然の地形や立木を活かした展示が特徴です。

小鳥と小動物の森の魅力は、そのふれあい体験にあります。

園内の「ふれあい広場」では、ヤギやミニブタ、モルモットなどと直接触れ合うことができます。

子供たちにとっては、動物たちに触れたり、エサをあげたりする体験は、大きな喜びと学びの場となります。

動物たちの温かさや息づかいを感じることで、命の尊さを実感できるでしょう。

また、アルプス公園内に位置するため、動物園だけでなく、周囲の自然環境も楽しむことができます。

動物園の近くには全長630メートルの滑り台「アルプスドリームコースター」や「子供冒険広場」があり、家族で一日中楽しむことができます。

特に晴れた日には、北アルプス連峰を一望できる素晴らしい景色を堪能しながら、自然の中でリラックスした時間を過ごせます。

小鳥と小動物の森は、季節ごとに異なる表情を見せてくれます。

春には桜が咲き誇り、夏には新緑、秋には紅葉、冬には雪景色と、四季折々の美しい風景が広がります。

動物たちも季節の変化に応じて活動的になり、訪れるたびに新しい発見があります。

動物園の入口には「山と自然博物館」があり、ここでは地域の自然環境や動植物について学ぶことができます。

展示物や資料を通じて、長野県の自然の豊かさや生態系について理解を深めることができます。

。特に子供たちにとっては、自然学習の場として非常に有意義な場所です。

小鳥と小動物の森は、その名の通り、小さな動物たちが暮らす温かい場所です。

訪れる人々にとっては、動物たちとの触れ合いを通じて、心が癒される特別な体験ができます。

あなたもぜひ、小鳥と小動物の森を訪れてみてください。

自然の中で動物たちと触れ合い、心地よいひとときを過ごすことができるでしょう。

PR

長野県には、個性豊かな動物園がたくさんあります。

動物たちとの触れ合いを通じて、癒しと学びを得ることができます。

自然の中で過ごす時間は、日々の疲れを癒やし、心をリフレッシュさせてくれます。

あなたもぜひ、長野県の動物園を訪れて、素晴らしいひとときを過ごしてみてください。

次の週末は、動物たちと触れ合い、心温まる時間を体験してみませんか?

タイトルとURLをコピーしました